愛印 aiin

Artists

music production for TV commercials,TV & radio shows, movies, DVDs, etc. planning. production and exploitation of CDs/digital music products music publishing

今年も一年お世話になりました!
一年の感謝を込めてお送りします。
今をときめく豪華アーティストの競演は、2012年を締めくくるに相応しい夜となることでしょう。
皆様お誘い合わせの上、ぜひお越しください。

日時:2012/12/27 22:30 OPEN
場所:AIR(http://www.air-tokyo.com/
エントランス:3500yen/Door 3000yen/Flyer
*フライヤーをこちらからプリントアウトしてお持ちいただいた方はWith Flyerでご入場いただけます。

出演アーティスト
DJ:FPM/80KIDZ/DEXPISTOLS
LIVE:雅-MIYAVI-/AFRA/奇妙礼太郎/Kishi Bashi/Dustin Wong/Secret Guest
Infomationhttp://aiin911.com
※20歳未満の方のご入場は一切お断りさせて頂きます。年齢確認の為ご入場の際に全ての方にIDチェックを実施しておりますので、写真付き身分証明証をお持ち下さい。

Tomoyuki Tanaka / DJ

DJ/プロデューサーとして国内外で活躍。ダンスミュージックに自身のルーツを散りばめた独自の音楽スタイルがワールドワイドに支持され、7枚のオリジナルアルバムのリリースの他、多数のアーティストのプロデュースも手掛ける。DJとしては、国内は全都道府県制覇、海外でも約50都市でプレイし、国内外のハイブランドのパーティーDJとしても活躍。またリミキサーとしても、布袋寅泰、くるり、UNICORN、サカナクション、THE BPA(FATBOY SLIMことノーマン・クックによるプロジェクト)、THE YOUNG PUNX!など約100曲もの作品を手掛けている。最近では10月24日発売の小泉今日子30周年リミックス盤の監修、11月17日発売(10月19日Francfranc先行発売)のFrancfrancクリスマスコンピレーションCDの選曲を担当し、来年2月には自身8作目となるオリジナルアルバムをavexよりリリース予定。

official site
http://www.fpmnet.com/

80KIDZ / DJ

'07年1月に結成。自主制作で2枚のMIX CDをリリース後、数々の海外アーティストとの共演を経て楽曲制作を開始。SNSを中心に発信されたヘヴィーかつメロディックな楽曲群は瞬く間に世界中で話題となり、初期作品集の12"シングル『DISDRIVE EP』(2008/04)は即完売を記録。続く初のオリジナルCD作品『Life Begins at Eighty』(2008/08)はEPとしては異例のビッグ・セールスを記録した。年間ベスト・アルバムの1つとして高い評価を獲得した1stフル・アルバム『This Is My Shit』(2009/04)、CSSのLovefoxxxをフィーチャーした表題曲を含むミニ・アルバム『SPOILED BOY』(2010/06)、iTunesの総合ランキングで1位を獲得する等大ヒットを記録した2ndフル・アルバム『Weekend Warrior』(2010/10)と順調にリリースを重ね、FUJI ROCK FESTIVAL、ROCK IN JAPAN、COUNTDOWN JAPANをはじめとするビッグ・フェスに出演。ロックとダンスの垣根を越え活躍中。2011年12月にデジタルEP『HOTSTUFF』をリリースし再始動、2012年4月18日に3rdアルバム『TURBO TOWN』をリリースした。


DEXPISTOLS / DJ

20XX年、進化したテクノロジーにより、東京ストリートカルチャーシーンが生み出した2ピースDJバンドDEXPISTOLS。 Remixer、Producerとしても活躍する"DJ MAAR"と、デザイナーとしてもキャリアを続ける"DJ DARUMA"の2人組。4台のCDJを駆使しサンプラーや楽器のように操り、サウンドクラッシュ的感覚でElectro Dance Musicを軸に、HIP HOPでROCKでRAVEな雑食系中毒サウンドを展開している。これまでにも様々なクラブパーティー、フェスティバル、ファッションイベントに出演。'07年のFUJIROCK FESTIVALの2日目RED MAQUEEのトリを務め、無数のクラウドを完全にROCKした。'08年には自らが主宰するレーベル"ROC TRAX"を本格始動させ、6作品まで発表されている"ROC TRAX presents LESSON" シリーズはリリースの度に話題となり毎回大ヒットとなっている。'12年にはDEXPISTOLS名義で待望のフルアルバム「LESSON.07モviaモ」をリリース。またZEEBRA、THE LOWBROWS等、メジャー、インディー問わず様々なアーティストのREMIXも手掛けている。常に革新的なスタイルを実践し、常に斬新なアイディアを提議しつづけ、サウンド、そして様々なカルチャーを繋ぎ合わせコール&レスポンスを武器にクラウドを増殖させ続けている。クラブシーンでの2人の人気を不動のものとした今後の活動に注目が集まる。

雅-MIYAVI- / LIVE

1981年大阪府出身。ソロアーティスト/ギタリスト。エレクトリックギターをピックを使わずに全て指で弾くという、独自のスラップ奏法でギタリストとして世界中から注目を集めており、これまでに北米・南米・ヨーロッパ・アジア・オーストラリアなど約30カ国200公演以上のライブを行い、3度のワールドツアーを成功させている。2010年10月リリースの最新アルバム『WHAT'S MY NAME?』では、ギターとドラムだけの編成でロック・ファンク・ヒップホップ・ダンスなどジャンルを超越したオリジナルなサウンドを確立。さらに2011年10月より、様々なジャンルの"サムライ"アーティストとのコラボレーション企画「SAMURAI SESSION WORLD SERIES」を始動。その集大成となるアルバムを2012年11月14日にリリースした。近年は特にアーティスト/クリエイターからも高い評価を受けており、UNIQLO/東芝/日産自動車/LOTTE/大塚製薬などへのCM音楽提供や、布袋寅泰/野宮真貴/ Good Charlotteらの作品への参加など、精力的な活動を続けている。常に世界に向けて挑戦を続ける「サムライ・ギタリスト」。


AFRA(Human Beatbox) / LIVE

日本が誇る世界のヒューマンビートボクサー"AFRA"。
あらゆる楽器の音、そしてリズムをマイク一本で表現するヒューマンビートボックスを、日本に広めたパイオニア。その活躍は音楽活動のみならず、TVやCM出演などでも話題を集める。11月21日に曽我部恵一と結成したユニット "AFRAに曽我部" の1stアルバム「Listen 2 my ♥ beat」がDefSTAR RECORDSよりリリース。

2012
adidas origenal「らしさを、楽しめ」WEB CM出演
TOYOTA LEXUS GLOBAL WEB CM出演

11月21日
AFRAに曽我部「listen 2 my ♥ beat」
DFCL-1957 2,500円(税込)

奇妙礼太郎 / LIVE

「大根!人参!ロックンロール!くよくよしようぜ!~」でおなじみ、奇妙礼太郎トラベルスイング楽団、のボーカルとしても活動中のバンドマンでありロックボーカリスト。弾語りで行われるソロライブはオリジナルに加え、レパートリー豊かなカバー曲を多少交えつつ。 泥臭くストレートで朴訥としたロックンロールから、ラブ・アンド・ユーモアなフォークまで歌い上げ、少し泣き声混じりの切ない歌声と、むき出しのソウルで人々を魅了する。2012年7月18日、奇妙礼太郎トラベルスイング楽団、『桜富士山』Sakura Fujiyamaをリリース。

official site
http://www.sneerkerblues.com/

Kishi Bashi / LIVE

1975年シアトル生まれ。マルチ・インストゥルメンタリスト,シンガーソングライターでJUPITER ONEというバンドのメンバーでもある。最近までサイケデリック・ポップを基盤としたアメリカのロックバンドOf Montreal(オブ・モントリオール)のメンバー(ヴァイオリン)としても活躍しており、その他にもレジーナ・スペクターやケイティ・ペリーのバックも務めるなど、ビック・ネームからも評価が高い。彼の音楽性はカラフルなオーケストラル・ポップ。ループとバイオリンと歌で凄いパフォーマンスを見せてくれる。アメリカで最もポピュラーなラジオNPR( ナショナル パブリック ラジオ)で紹介された事から話題になりBillboardでは注目の新人として取り上げられている。アメリカのアメリカン・エキスプレスCMやヨーロッパのMazdaのCMにもKishi Bashiの楽曲が起用される。最近ではMicrosoft"Windows8"のCMで「Bright Whites」が起用されウェブサイトが一時ダウンするくらい話題になる。2012年10月17日アルバム「151a」で遂に日本デビュー。 (ヴィレッジアゲインアソシエイション)



Dusin Wong / LIVE

ハワイで生を受け、2歳の時に日本へと移住。中高時代はパンクやオルタナに開眼し、ハイティーンの頃には友人のユタカ、Delawareの点、そして立花ハジメとLow Powersのメンバーでもあったエリと、携帯電話の着信音をオケに使用し歌うというユニークなバンド、The Japaneseを結成し活動した。そしてボルティモアに渡った後、マット・パピッチとエクスタティック・サンシャインの活動を始める。同時に彼は通っていた美術大学のクラスメート達と共にポニーテイルを結成。カオティックなサウンドと怒濤のライヴ・パフォーマンスは瞬く間に話題となる。また、エクスタティック・サンシャインとしてもカーパークからデビュー・アルバムをリリースし、多方面から高評価を得るもののダスティンは脱退する。ポニーテイルもさらなるブレイクを期待されていたが突然活動休止を発表(2011/9/22に解散を発表)。そしてダスティンはスリル・ジョッキーと契約し、サード・ソロ・アルバムをリリースした。多数のエフェクター足元にならべ、ディレイ、ループ等を駆使し、ミニマルでカラフルなレイヤーを描き出していくギター・パフォーマンスは注目を集めている。2012年通産4作目となるアルバムをリリースし、4月にはレコード発売記念の日本ツアーも慣行。NHKライブビートへの出演も果たす。7月にはNYで行われたダーティー・プロジェクターズの最新作のリリース記念ライヴのオープニングに抜擢され、10月の日本ツアーでも全公演オープニングを務めた。9月から10月前半にかけてビーチ・ハウスとのUSツアーを行った後、朝霧JAM2012にも出演を果たした。

Page top © Copyright aiim Co.,ltd. All Right Reserved.